ULサービスには2つのタイプがあります。タイプRとタイプLです。 新規クライアントの場合、御社担当のULプロジェクトエンジニアまたはカスタマーサービスプロフェッショナルが、御社製品のULマークを管理するのはタイプRサービスか、またはタイプLサービスかを通知します。既存クライアントの場合、この情報はフォローアップサービス手順書の許可書のページで確認できます。

標準ラベル注文フォーム

コンビネーションラベル注文フォーム


ULマークのデザイン

以下の例で示すように、ULマークは通常該当するUL LISTED、CLASSIFIED、またはCERTIFIEDの記号と、対応する語句、製品ID、タイプRマークの場合のULファイル番号または4桁の英数字で構成される管理番号、あるいはタイプLマークの場合の発行番号、ロット番号、またはシリアル番号で構成されます。(ULファイルで説明されているように、レコグナイズドコンポーネントでは特殊な記号およびマーキング要件が使われます。)エンハンストUL認証マークについての詳細は、右側にある[詳細]をクリックしてください。

ul_markshub_listed-productULマーク

UL認証マークの必須要素についての詳細説明は、ULの オンライン認証ディレクトリ で製品のULカテゴリコード番号(CCN)を入力して[Display Guide Information only]ボックスを選択すると、表示されます。製品のCCNは、ULプロジェクトエンジニアまたはカスタマーサービス担当者に質問してください。ULファイルが確定場合、フォローアップサービス手順書の許可書のページで確認することができます。

  • タイプRの製品タイプのULマークには、認証製品のULファイル番号、あるいは特定のULファイル番号に関連付けられる固定の4桁の数字を管理番号があります。
  • タイプLの製品タイプのULマークには、ラベル注文プロセスの際に割り当てられる発行番号、ロット番号、またはシリアル番号があります。これらの番号は注文ごとに変更される可能性があります。
  • UL認証製品には追加マーキングが必要になる場合があります。製品に必要なマーキングに関する情報は、プロジェクトエンジニアにお問い合わせください。またはフォローアップサービス手順書のマーキング参考情報を参照してください。

タイプR製品用のULマーク

  • タイプRの製品タイプのULマークには、認証製品のULファイル番号、あるいは特定のULファイル番号に関連付けられる固定の4桁の数字を管理番号があります。
  • UL認証製品の製造業者は、ULマークのコピーを ULラベルセンター に送付してレビューを受けてください。 レイアウトが適正であることが確認されれば、受け付けられて、返送されます。タイプR製品の場合、 タイプRレビューリクエストフォームを使用してラベルを送信し、レビューを受ける必要があります。
  • タイプRのマークは、UL認定製造拠点内または UL認定ラベル供給業者で印刷することができます。UL押印レイアウトのコピーまたはフォローアップサービス手順書のマークページのコピーは、発しているUL顧客の拠点によって提供され、認定ラベル供給業者の手元に保存しておく必要があります。

タイプL製品用のULマーク

タイプLフォローアップサービスの下の製品のULマークおよび ホログラムラベル が必要なすべての製品カテゴリは厳格に管理されます。これらのタイプのラベルの注文はすべてULラベルセンターを通じて処理される必要があります。

タイプL製品用のULマークには2つのタイプがあります。

  • 標準ラベル – – ULマークの必須要素のみ含みます。 ただし特定の製品カテゴリの場合、フィート、個などの単位名を含む場合があります。 標準ラベルは選択した製品カテゴリについてULによって印刷されストックされます。標準ラベルの印刷コストについては、御社の製造施設にサービスを提供しているラベルセンターに確認してください。標準ラベルを注文するには、このリンク先にある標準 ラベル注文フォーム に記入してください。標準ラベル注文フォームに記入すると、ULラベルセンターに自動的に電子メールが送信され、注文が処理されます。
  • 合同ラベルまたはカスタムラベル – – 標準ラベルに含まれる基本的なULマークと同じ情報の他に、ULファイル番号またはリスト掲載者名が含まれます。 また当社のお客様によっては、他の情報の表示を希望することもあります。ULラベルセンターにレビューと処理のために注文書とラベルレイアウトのコピーを送信する場合、製造業者が必要になります。 「合同ラベル注文リクエストフォーム」に情報を記入してください。これがULによって既に許可されているラベルの再注文の場合、「合同ラベル注文リクエストフォーム」への入力に際して必要になるのは、注文書のコピーのみです。発注書には、UL認定ラベル供給業者の名前、ULファイルおよびボリューム番号、印刷するラベルの量、会社名、ならびにULラベルを使用する認定製造拠点の住所を含める必要があります。発注書およびマークのレイアウトのレビューで問題がなければ、ULラベルセンターから認定ラベル供給業者に対して『ULマーク製造許可書』が発行され、そのコピーが製造会社に送付されます。この許可書には、ULマークに関する一般的な説明、注文するラベルの量、そしてULマークを使うときに必要になるULの発行番号、ロット番号、またはシリアル番号が含まれます。
  • 条件 – – すべてのラベルの注文およびラベルのリリースには該当する 条件が適用されます。

タイプLのULマークの注文の関連料金

  • ラベルサービス料 – – タイプLサービスの下で多くの製品カテゴリのラベルのリリースおよび使用に対して適用されます。この料金には、製造施設で定期的に検査を実施するための費用が含まれています。お客様の製品カテゴリに関する課金体系および特定の手数料についての追加情報は、お客様の地域のULラベルセンターに問い合わせてください。
  • 製造コスト – – 課金するのは、ULの標準ラベルをご購入された場合のみです。この料金は、これらのラベルの印刷費用と保管費用としてULに償還されます。合同ラベルを使用する場合、製造会社がラベルの印刷費用と配送費用を直接支払うので、この費用は課金しません。
  • 配送および処理手数料 – – ULマークをULラベルセンターから直接御社の製造拠点に送付する際に、ULから請求書を発行します。これらの料金について詳しく知りたければ、お近くのULラベルセンターに問い合わせてください。

ULに注文した後60日が経過すれば、払い戻しは行いません。


エンハンストUL認証マーク

エンハンストUL認証マーク

エンハンストUL認証マークは、複数の認証を単一のマークにバンドルし、www.ul.com/databaseの情報へアクセスしやすいように一意のIDを使用し、国コードで認証の地理的範囲を示し、製品に関してULが認定した属性を説明するようになっています。

詳細