UL認証機関


ISO規格によれば、「認証機関」は、定義上、法人または法人の一部です(ISO/IEC 17065のパラグラフ4.1.1を参照)。これは実際に、認証機関はクライアントと法的な契約を締結して、認証を取得するためのサービスを提供するため(ISO/IEC 17000のパラグラフ5.5を参照)、道理にかなっています。ULグループは、特定の認証機関(法人)を通じて認証サービスを提供しています。下のリンクは、ULの認証機関およびそれらが取り扱うスキームに関する一般的な情報を提供します。
ISO規格、認証、認証機関(全般、またはUL内)についてご質問がある場合は、 こちらをクリックしてください。

建材規制(CPR)

建材規制(no. 305/2011)は、建材のマーケティングのための調和条件を規定する規制です。これは欧州議会および欧州理事会によって採択されたものであり、建材指令(89/106/EEC)を置換します。このスキームの範囲には、安全性および性能試験、防火(材)製品の認証および検査、建材規制の対象となっている火災検出製品が含まれます。

CPRはCEマーキング立法機関制定法の1つであり、製造者がCEマーキングに関連するすべての該当法に準拠した場合、CEマークの資格が与えられます。

UL International (UK) Ltd.は「システム1」機関の製品認証機関(#0843)として任命されています。これは以下の適合性評価方法をカバーしていることを意味します。

  • 継続的監視、工場生産制御の評価および承認、
  • 工場および工場生産制御の初期検査、ならびに
  • 製品の初期型式試験(ITT)。

UL International (UK) Ltd.の製品認証機関としての範囲:

  • 扉、窓、シャッター、門、および関連する建物用ハードウェア。
  • 固定式消防設備(火災警報器/検知器、固定式消防器具、火災および煙制御製品、防爆製品)。
  • 内外部壁および天井仕上げ材。内部パーティションキット。
  • 平面ガラス、溝入りガラス、ガラスブロック製品。
  • 消火栓、防火シール、防火製品。難燃性製品。

建材規制指定機関サービスのサービス条件も参照してください。

機械指令(MD)

機械指令 (no. 2006/42/EC) は、機械およびその特定の部品に関連する欧州連合指令です。主たる目的は、市場に投入された機械および機器の共通の最低限の安全性を保証し、すべての加盟国における使用、および欧州連合内での移動の自由を保証することです。この指令の適用範囲には、機械、交換可能な機器、安全部品、リフティングアクセサリ、取り外し可能な機械式変速装置、部分的に完成している機械などが含まれます。

MDはCEマーキング立法機関制定法の1つであり、製造者が該当する要件をすべて満たした場合、製品にCEマークを付けることが要求されます。

UL International (UK) Ltd.は、付属書IV、カテゴリ19、20、および21に基づく指定機関です。

  • 人の存在を検知する目的で作られた保護具
  • MDの付属書IVのポイント9、10、11で言及されている機械の保護具として使用する目的で作られた動力作動式連動可動ガード
  • 安全機能を保証するロジックユニット

機械指令指定機関サービスのためのサービス条件』も参照してください。

船用機器指令(MED)

船用機器指令 (no. 2014/90/EU) は、海上における安全性を改善し、海洋汚染を防止し、EU船舶上の機器のための国際安全性規格がEU全域で同様に解釈されることを保証する欧州指令です。この指令は、既存のEUの旗を持つ船舶および新しいEUの旗を持つ船舶(EU域外で製造された船舶も含む)で使用する機器に適用されます。

UL (International) UK Ltd.の認証範囲には、救命器具も含まれます。UL UKは、EU型式試験(モジュールB)、生産品質保証(モジュールD)、製品品質保証(モジュールE)、および製品検証(モジュールF)の適合性評価手順に基づいて、適合証明書を発行する指定機関 (#0843) に任命されています。

船用機器指令指定機関サービスのためのサービス条件』も参照してください。

個人保護具指令(PPED)

個人保護具指令 (no. 89/686/EEC) は、加盟国の個人保護具に関連した法律に似ている欧州指令です。個人保護具(PPE)は、家または職場にいるとき、あるいはレジャー活動を行っているときに危険から保護するために、ユーザーが装着することができる製品です。

UL International (UK) Ltd.は、EC型式試験(第10条)、監視を手段とした生産EC品質保証システム(第10条(B))、最終製品のためのEC品質管理システム(第10条(A))の適合性評価手順に基づいて、適合証明書を発行する指定機関 (#0843) に任命されています。

UL International (UK) Ltd.の指定機関としての範囲:

  • 目の保護具
  • 顔の保護具
  • 足および脚部保護具
  • 汎用身体保護具(衣類)
  • 手および腕部保護具
  • 生物学的因子からの手の保護具
  • 頭部保護具
  • 溺水保護具および浮力補助具
  • 高所からの落下物の保護具

個人保護具指定機関サービスのためのサービス条件』も参照してください。

UL International (UK) Ltd.

UL International (UK) Ltd.

以下の情報は、EN ISO/IEC 17065の要件に基づく製品認証機関/指定機関としてのUL International (UK) Ltd.に関連付けられます。

UL International (UK) Ltd.は、独自の裁量の下で、独立系NGOとして活動します。

UL International (UK) Ltd.は、認証を依頼して提出される製品の製造者に課する手数料を財源として運営しています。手数料は、最初の評価プロセスと継続するメンテナンスを対象に課せられます。

認証プロセスを開始する前に発効させておくことが必要な、UL International (UK) Ltd.および製造者に関連付けられる権利および責任は、さまざまな 契約合意書 で規定されます。

クライアントの製品またはシステムの評価プロセスに関してUL International (UK) Ltd.が行った解釈および判断に関する疑問に対処するために、正式なプロセスが用意されています。控訴は カスタマーサービス 、またはプロジェクトに関与したエンジニアと連絡を取ることから開始されます。

カスタマーがUL International (UK) Ltd.が提供するサービスに関して不満がある場合のプロセスは、 FAQ のWebサイトに解説されています。

UL International (UK) Ltd.は、複数の製品認証および品質監査スキームを運用しています。各スキームに関する一般的な情報は、下に示します。詳細について知りたい場合、カスタマーサービスに問い合わせてください。

建材用UL-EUマークスキーム

このスキームは、UL International (UK) Ltd.の適用範囲が建材規制でカバーされる製品のみに制限されていることを除けば、UL International Demko A/S認証機関が提供するUL-EUマークスキームと同等です。

ATEX指令

ATEX指令 (2014/34/EU) は、潜在的な爆発性雰囲気での使用が意図された器具および保護システムに関連する欧州指令です。この指令の適用範囲は、以下のとおりです。

  • 潜在的な爆発性雰囲気での使用が意図された器具および保護システム
  • 野外の潜在的な爆発性雰囲気での使用が意図されているが、爆発のリスクに関する器具および保護システムの安全機能のために必要とされる、またはそれに貢献する安全装置、制御装置、および規制装置
  • 器具および保護システムへの装着が意図されているコンポーネント

製品がATEX指令および他の該当する欧州指令に適合していた場合、CEマークを付ける資格があります。

UL International Demko A/Sは、EU型式試験証明書(付属書IIIに基づく)、生産品質保証通知書(付属書IVに基づく)、製品品質保証通知書(付属書VIIに基づく)、および適合証明書(付属書IXに基づく)を発行する指定機関 (#0539) に任命されています。またUL International Demko A/Sは、第13.1条(b)(ii)の要件に基づく技術文書の保管機能も提供します。

UL International Demko A/Sの認証機関としての範囲

  • 電化製品
  • 非電化製品
  • コンポーネント
  • 保護システム

CBスキーム

 CBスキーム は、電気および電子機器の分野で加盟している認証機関間の試験報告書の相互受け入れのために国際電気標準会議(IEC)によって制定された広範囲にわたる国際的な取り決めです。

CBスキームは、以下の機能を提供することによって、製品の製造者および国際取引に従事する販売代理店を支援します。

  • 効率的なグローバル市場アクセスのための製品試験の単一点
  •  CBスキーム加盟国における国家認証へと繋がる、試験報告書のグローバルな受け入れ
  • CBスキームにまだ加盟していない、多くの発展途上国における一方的な受け入れ

CBスキームは、世界中の50カ国以上の国々における製品認証機関の国際的なネットワークです。IECEEのWebサイト http://www.iecee.org/ には、CBスキームに関する包括的な情報が含まれています。

各加盟国には、国家認証機関(NCB)としてIECEEに認められた組織が1つ以上あります。ULは最大で最も活動的なCBスキームメンバーの1つであり、さまざまな国で4つのNCBを運営しています。そして50カ所を超えるCB試験所(CBTL)が当社のお客様にグローバルカバレッジを持つローカルサービスを提供しています。

すべての主要な地域にCBTLを持つ、デンマーク、米国、日本、およびカナダにおけるUL NCBは、関連する国またはグループごとに差異のある、広範囲にわたるIEC規格に基づいてお客様の製品にアクセスすることができます。CBスキームでULによってカバーされる製品のカテゴリおよび規格は、以下のリンクで指示されるIECEEのWebサイトにリストされています。
UL (Demko)、 UL (US)、 UL (JP) 、および UL (CA)

CBスキームプロセス
  • ULはお客様の製品を、すべての調和規格ならびにお客様の製品のマーケティングを希望している国で必要な国ごとの差異に基づいて試験します。
  • その後、ULは加盟国における国家認証の取得に使用することができるCB試験適合証明書およびCB試験報告書を発行します。
  • 目標とする国では、国家認証のためにNCBへ申請することが、従来と同様に必要です。ただし、ULがこの作業をお客様の代理で行なうこともできます。NCBには製品のサンプルを要求する権利があること、あるいは製造者に対して追加データの作成を要求する権利があることに注意してください。ULから受け取るCB試験適合証明書およびそれに関連するCB試験報告書は追加試験の必要性を最小限にします。
  • 国ごとの差異は、ローカルの安全性懸念事項に対処するために、IECEE CBスキームが各国での採用を認めている特別な要件です。ULはCBスキーム加盟国について最新の国ごとの差異を把握しているので、お客様の製品は目標としている国の最新の要件に基づいて評価されることになります。
  • 詳細については、CBスキームのWebサイト、http://www.iecee.org/をご覧ください。

CBスキーム試験報告書および適合証明書は、以下の ULマークを取得するために使用することができます。
すべてのULマークに関する 追加情報

ULにCBスキーム認証を申請する
  • プロセスを開始するには、UL.comのWebサイトから ULカスタマーサービス に連絡してください。ULから以下の情報を提供するように要求されます。
    – イラスト、概略図、配線図、部品情報、銘板のコピー、およびその他の適切な製品の詳細など、お客様の製品の説明。
    – 製品に責任を持つ会社の名前および住所、ならびに製造拠点のリスト。
  • 当社にはお客様が製品の販売を予定している国についても教えてください。ULのグローバルマーケットアクセスのエキスパートが、ターゲット市場に関連する国家認証の取得を支援します。追加情報を知りたい場合、 gma@ul.com に連絡してください。
  • 該当するIEC規格および選択した国の国/グループごとの差異に基づく製品の評価が完了すると、CB試験適合証明書およびCB試験報告書が発行されます。

申請プロセスの一環として、 新しい顧客登録など、追加情報が要求される場合もあることに注意してください。

 CBスキームサービス要件の概要については、以下のドキュメントを参照してください。

CCA認証スキーム

CENELEC認証アグリーメント(CCA)は、すべての製品カテゴリを対象とした相互認証アグリーメントです。それにより、CCA認証とDマークの両方を取得している製造者は、CCA証明書を提示することによって、他の国家欧州マークのいずれでも申請することができるようになります。

製品は、欧州規格(ENおよびHD)に従って試験されます。Dマーク証明書とCCA証明書の発行に先立って、製造者の施設で事前ライセンス検査が実施されます。また、Dマーク証明書とCCA証明書を発行した後、調和した欧州CIG手順に従って、定期的な毎年の生産査察が実施されます。

CENELEC認証契約(CCA)サービスのためのサービス条件 』および『 Dマークサービスのサービス条件』も参照してください。

Dマークスキーム

Dマークは、デンマーク国家規格が加味された欧州規格の電気安全要件に基づいて製品が試験され、適合していることが確認できたことを示すデンマークの安全性マークです。Dマークは必須ではありませんが、消費者からは高く評価されています。Dマーク証明書は、その保持者にUL Demkoの登録電気安全マークであるDマークを製品に貼付する資格を与えますが、これは安全性と構造の観点から、試験され認証された製品と同等の意味を持ちます。Dマークを付けている製品のみ、認証されていると見なされます。

Dマークは、試験された製品が電気安全要件を満たしていることを証明します。これらの電気安全要件は通常、低電圧指令、機械指令、ガス器具指令、医療機器指令など、さまざまな欧州指令の下で調和されたEN規格です。

Dマーク証明書を取得して維持するために、カスタマーの生産拠点で、最初の工場製品検査と毎年の工場製品検査が必要になります。工場製品検査は、CENELECのCIGの工場製品検査手順を使って実施されます。

Dマークは、すべての消費者と関連当局に対して、独立系サードパーティによって、製品が関連性のある電気安全規格を遵守していることが確認されたというシグナルを送ります。

マークのサイズは、判読可能で、縦横比が維持されている限り、小さくしたり、大きくしたりすることができます。明るい背景で暗いテキストのDマークを使用することも、暗い背景で明るいテキストのDマークを使用することも、許されています。

Dマークに加えて、Dマークを補完するNCS通知を発行することもできます。NCS通知は、他の北欧認証機関から国家認証を取得するために使用することができます。

Dマークのための販促および広告ガイドライン 』と『 Dマークサービスのサービス条件』も参照してください。

ENECマークスキーム

ENECは電気製品が高品質であることを示す欧州マークであり、欧州安全規格を遵守していることを示します。ENECマークは必須ではありませんが、消費者からは高く評価されています。ENECマーク証明書は、その保持者にENECマークを製品に貼付する資格を与えますが、これは安全性と構造の観点から、試験され認証された製品と同等の意味を持ちます。ENECマークを付けている製品のみ、認証されていると見なされます。

ENECマークスキーム手順は、サードパーティによる試験および認証、調和した欧州CIG手順に従った事前ライセンス検査とそれに続く毎年の工場製品検査、ならびに選択した認証製品に対する毎年の再試験による継続する製品および生産監視を含む、完全な認証スキームを構成します。さらに、製品にENECマークロゴが表示されることで、消費者は認証の有効期間は安全が保証されると安心することができます。

マークのサイズは、判読可能で、幅と高さの比率が保たれている限り、小さくしたり、大きくしたりすることができます。明るい背景で暗いテキストのENECマークを使用することも、暗い背景で明るいテキストのENECマークを使用することも、許されています。

ENECのサービス条件』も参照してください。

ENEC+マークスキーム

LED製品(モジュールおよび照明)に対するENEC+マークは、IEC規格のうち、関連する要件など、特定のENEC+要件シートに基づく追加性能試験によって、これらの製品のENEC安全性認証を補完します。ENEC+スキームでは性能の主張を検証し、製品設計の堅牢さを評価することによって、照明製品の比較のための客観的な基盤を提供します。ENECマークを付け、追加性能試験要件を満たした製品のみ、ENEC+マークが貼付される資格があります。

ENEC+マークスキーム手順は、サードパーティによる試験および認証、調和した欧州CIG手順に従った事前ライセンス検査とそれに続く毎年の工場製品検査、ならびに選択した認証製品に対する毎年の再試験による継続する製品および生産監視を含む、完全な認証スキームを構成します。さらに、製品にENEC+マークロゴが表示されることで、消費者は認証の有効期間は性能が保証されると安心することができます。

マークのサイズは、判読可能で、幅と高さの比率が保たれている限り、小さくしたり、大きくしたりすることができます。明るい背景で暗いテキストのENEC+マークを使用することも、暗い背景で明るいテキストのENEC+マークを使用することも、許されています。

ENECサービスのサービス条件』も参照してください。

GSマークスキーム

GSマークは、欧州規格の該当する安全要件、および関連性のある追加GS要件(人間工学、PAH、EMC、DMFなど)に基づいて製品が試験され、適合していることが確認できたことを示すドイツの安全性マークです。GSマーク証明書は、その保持者にドイツの安全マークであるGSマークを製品に貼付する資格を与えますが、これは安全性と構造の観点から、試験され認証された製品と同等の意味を持ちます。GSマークを付けている製品のみ、認証されていると見なされます。

GSマーク証明書を取得して維持するために、カスタマーの生産拠点で、最初の工場製品検査と毎年の工場製品検査が必要になります。工場製品検査は、CENELECおよびCIGの工場製品検査手順を使って実施されます。

GSマークは、製品が関連性のある該当する規格および他の追加GS要件を遵守していることを示し、GSマークを貼られた製品は、継続して要件を遵守していることを確認するために、ULの工場製品検査プログラムの対象となります。認証は製品または要件が変更されない限り、5年間有効です。

GSマークは、ドイツのすべての消費者と関連当局に対して、独立系サードパーティによって、製品が関連性のあるGS要件を遵守していることが確認されたというシグナルを送ります。

ラベル

GSマークのための販促および広告ガイドライン 』と『 GSマークサービスのサービス条件』も参照してください。

ガルフ型式試験証明書スキーム

ガルフ型式試験証明書は、低電圧電気・家電製品のためのガルフ技術規制(TC 143307-01の規制リスト2の対象製品のためのBD-142004-01)で必要となるサードパーティ証明書です。低電圧電気・家電製品のためのガルフ技術規制(BD-142004-01)は、電気・電子機器、家電製品、および交流電流の50~1000Vの範囲および直流電流の75~1500Vの範囲の電圧定格で使用する目的で作られた、電気・電子部品を含む電気設備を対象にしています。リスト2には、13種類の家庭用製品、ならびにプラグ、ソケットアウトレット、アダプター、延長コードセットが含まれています。

ガルフ型式試験証明書は、製品をガルフコーポレーション協議会のメンバー州で販売する場合に必要となります。

UL International Demko A/Sは、規制のリスト2の製品(実際の範囲については、下記を参照)に対してガルフ型式試験証明書を発行する認証機関(#0021)に指名されており、イタリア、台湾、ノースブルック、香港、蘇州、および広州にある、弊社のローカルオフィスを通じてグローバルに試験サービスを提供しています。

ガルフ型式試験証明書のプロセス

  • ULは、お客様の製品をすべての関連性のある電気安全性およびEMC規格について評価し、同時にお客様(製造者)から提示されたリスク分析を評価します。
  • その後、UL International Demko A/Sは、いくつかの評価を行った後にガルフ型式試験証明書を発行し、お客様の証明書をGSOデータベースに登録します。
  • 低電圧電気・家電製品のためのガルフ技術規制(BD-142004-01規制)の追加情報については、GSOのWebサイトを参照してください。

ULへのガルフ型式試験証明書の申請

  • UL.comのWebサイトを通じてULカスタマーサービス(あるいはローカルのカスタマーサービス)に連絡して、プロセスを開始してください。次の情報をULに提出するように求められます。
    • 技術文書。すなわち、イラスト、概略図、配線図、部品情報、銘板のコピー、およびアラビア語のマニュアル、その他任意の製品の詳細など、お客様の製品の説明です。
    • 製品の責任者の会社の名前と住所、ならびに製造および保管場所のリスト。
    • 社内の認定試験所で試験をした場合、適用した規格のリストと共に試験報告書を提出してください。
  • 該当するGSO/IEC規格に基づく製品評価で問題がなければ、試験報告書とガルフ型式試験証明書が発行されます。

UL International Demko A/Sの認証機関としての範囲

  • 家電製品、一般要件
  • 家庭用扇風機
  • 冷蔵庫、冷凍庫、その他の冷蔵・冷凍機器
  • 遠心力衣類洗濯乾燥機など、洗濯乾燥機
  • フードグラインダー、フードミキサー、果物・野菜ジューサー
  • トースター
  • 電熱式整髪機、ハンドドライヤー
  • 家庭用電気暖房装置
  • 電子レンジ
  • その他のオーブン、炊飯器、煮沸リング、グリル、ロースター
  • 電気瞬間湯沸かし器、蓄熱式温水器、および投げ込みヒーター
  • 電気アイロン
  • 空調
  • プラグ、ソケットアウトレット、アダプター、延長コードセット、および充電器

ガルフ型式試験指定機関サービスのサービス条件』も参照してください。

IECEx認証機器スキーム

IECExシステムは、IECの適合性評価システムの1つです。IECEx認証機器スキームは、爆発性雰囲気の可能性がある場所(危険場所)で使用する機器の分野で加盟している認証機関間の試験報告書の相互受け入れのために国際電気標準会議(IEC)によって制定された広範囲にわたる国際的な取り決めです。このスキームには、機器設計の評価に加えて、製造者の品質システムが満たす必要のある要件に基づく調査活動も含まれます。

IECEx認証機器スキームは、製品の製造者および国際取引に従事するその他の利害関係者にメリットを提供します。以下の情報を提供してください。

–     効率的なグローバル市場アクセスのための製品試験をまとめて実施

–     IECExシステム加盟国における国家または地域認証へと繋がる、試験報告書のグローバルな受け入れ

–     IECExシステムにまだ加盟していない、多くの発展途上国における一方的な受け入れ

IECEx認証機器スキームは、世界中の30カ国以上の国々における製品認証機関の国際的なネットワークです。IECExのWebサイト、http://www.iecex.com/ には、IECExシステムおよびそのスキームに関する包括的な情報が提供されています。

各加盟国には、IECEx認証機関(ExCB)としてIECExに認められた組織が1つ以上あります。ULは最大で最も活動的なIECExシステムメンバーの一員として、さまざまな国で3つのExCBを運営しています。そして追加試験施設でサポートされる2つのIECEx試験所(ExTL)は、お客様にグローバルカバレッジを備えたローカルサービスを提供しています。

デンマーク、米国、ブラジルのUL ExCBは、すべての主要な地域に試験所を備え、関連する国またはグループごとに差異のある、広範囲にわたるIEC Ex規格に基づいてお客様の製品にアクセスすることができます。IECEx認証機器スキームにおいてULが対応している規格は、 IECExのWebサイトにリストされています。

IECEx認証機器スキームプロセス:

–     ULはお客様の製品について、すべての関与するIEC規格ならびにお客様の製品の市場化を希望している国で必要な国ごとの差異に基づいて試験します。

–     ULは関与する製品を生産している製造者の品質システムを評価します。

–     その後、ULは、加盟国における国家認証を取得するために使用できるIECEx適合証明書、IECEx試験報告書、および品質評価報告書を発行します。

–     さらに、それぞれの国で国家/地域認証のために国内のExCBまたはそれに相当する機関へ申請することが必要です。ただし、ULがこの作業をお客様の代理で行なうこともできます。ExCBsには製品のサンプルを要求する権利があること、あるいは製造者に対して追加データの作成を要求する権利があることに注意してください。ULから提供尾されるIECEx適合証明書、それに関連するIECEx試験報告書、ならびに品質評価報告書によって、追加試験の必要性が最小限になります。

–     国ごとの差異は、IECEX認証機器スキームがローカルの安全性懸念事項に対処するために各国での採用を認めている特別な要件です。ULはIECEx加盟国について最新の国ごとの差異を把握しているので、お客様の製品は目標としている国の最新の要件に基づいて評価されることになります。

–     詳細情報はIECExのWebサイト、http://www.iecex.com/をご覧ください。

 

ULにIECEx適合証明書を申請します。

UL.comのWebサイトからULカスタマーサービスに連絡をいただくと、プロセスが開始します。以下の情報をお知らせください。

–     イラスト、概略図、配線図、部品情報、銘板のコピー、およびその他の適切な製品の詳細など、お客様の製品の説明。

–     製品に責任を持つ会社の名前および住所、ならびに製造拠点のリスト。

お客様が製品の販売を予定している国についてもお知らせください。ULのエキスパートが、ターゲット市場に関連する国家認証の取得を支援します。詳細は、http://contact.ul.com/contact-ul-hazardous-locationsからお問い合わせください。

該当するIEC規格および選択した国の国/グループごとの差異に基づく製品の評価が完了すると、IECEx適合証明書、IECEx試験報告書、および品質評価報告書が発行されます。

申請プロセスの一環として、新しい顧客登録など、追加情報が必要になる場合があることに注意してください。

また、 IECExシステムサービスのサービス条件も参照してください。

MID指令

MID (2014/30/EU) は、市販の測定機器の製造に関連する欧州指令です。これは、公共の利益、公衆衛生、公共の安全、公共の秩序、消費者の保護、環境の保護などのために測定機器を市販するために、および/または測定に使用される際に満たす必要がある要件を規定しています。

この指令の適用範囲は、水量計、ガスメーター、電気エネルギーメーター、熱エネルギーメーター、自動計量器、タクシーメーター、実量器、寸法測定器など、機器ごとの附属書で定義されています。

UL International Demko A/Sは、アクティブな電気エネルギーメーターに対して(付属書V (MI-003) に基づいて)EU型式試験証明書を発行する指定機関 (#0539) に任命されています。

測定機器指令(MID)指定機関サービスのサービス条件』も参照してください。

UL International Demko A/S

以下の情報は、ISO/IEC 17065の要件に基づく製品認証機関としてのUL International Demko A/Sに関連付けられます。

UL International Demko A/Sは、独自の裁量の下で、独立系NGOとして活動します。

UL International Demko A/Sは、認証を依頼して提出される製品の製造者に課する手数料を財源として運営しています。手数料は、最初の評価プロセスと継続するメンテナンスを対象に課せられます。

認証プロセスを開始する前に発効させておくことが必要な、UL International Demko A/Sおよび製造者に関連付けられる権利および責任は、さまざまな契約合意書で規定されます。追加情報は、カスタマーリソースのWebページから入手することができます。

提出された製品に関してUL International Demko A/Sが行った解釈および判断に関する疑問に対処するために、申請者向けに正式なアピールプロセスが用意されています。アピールはカスタマーサービス、またはプロジェクトに関与したエンジニアと連絡を取ることから始まります。認証製品の安全性関連の問題点の報告については、製品インシデントレポートシステムを使うこともできます。

カスタマーがUL International Demko A/Sが提供するサービスに関して不満がある場合のプロセスは、FAQのWebページに解説されています。

UL International Demko A/Sは、複数の認証スキームを取り扱います。各スキームに関する一般的な情報および各スキームに関連付けられたマーキングの説明は、左側のリンクをクリックすれば表示することができます。

UL-EUマークスキーム

UL-EUマークは、欧州規格の該当する安全要件に基づいて製品が試験され、適合していることが確認できたことを示す欧州の安全性マークです。UL-EUマーク証明書は、その保持者にULの登録電気安全マークであるUL-EUマークを製品に貼付する資格を与えますが、これは安全性と構造の観点から、試験され認証された製品と同等の意味を持ちます。UL-EUマークを付けている製品のみ、認証されていると見なされます。

UL-EUマーク証明書を取得して維持するために、カスタマーの生産拠点で、最初の工場製品検査と毎年の工場製品検査が必要になります。工場製品検査は、CENELECのCIGの工場製品検査手順を使って実施されます。

UL-EUマークは、製品がENの安全規格を遵守していることを示し、それを貼られた製品は、継続して要件を遵守していることを確認するために、ULのフォローアップサービスプログラムの対象となります。UL-EUマークは、該当するEN規格に基づき、ULによって独占的に発行されます。認証は製品または要件が変更されない限り、10年間有効です。

UL-EUマークは、すべての消費者と関連当局に対して、独立系サードパーティによって、製品が関連性のある電気安全規格を遵守していることが確認されたというシグナルを送ります。

UL-EUマークは、円内のULのシンボルと、その下の欧州を示す「EU」の表示で構成されます。また、要件が調査している場合、UL-EUマークは、カナダのULマークや米国のULリスティングマークと組み合わせることもできます。

以下の要素すべてを含む拡張マーキング

  • CERTIFIEDの単語を持つ基本的な拡張マーク
  • SAFETY属性(これらの特殊な用途に関連する認証で使用される要件を示す、MARINE、SECURITY、SIGNALINGなど、他の属性と並列に示されることもある)
  • 属性が欧州のみに適用される場合はSAFETYの真横に、そしてすべての属性が欧州に適用される場合は属性リストの真下に配置される欧州を示すEUのISO国コード

上記に加えて、他の属性およびISO国コードが表示されることがあります。それらはUL-EUマークスキームに関係しない、他の認証に関連付けられます。

また、『 UL-EUマークのための販促および広告ガイドライン 』および『 UL-EUマーク試験および認証サービスのサービス条件』も参照してください。

UL International-Singapore Pte Ltd

詳細は、『 シンガポール消費者保護(安全性要件)登録スキーム』をご覧ください。

AECOスキーム

このスキームは、AECOプログラムのような歴史的なテキストでも参照されています。このスキームの下で発行される認証は、米国およびカナダのエレベーターコードで定義される要件に基づきます。このスキームの要件は、『ASME A17.7.1/CSA B44.7.1 - エレベーター/エスカレーター認証機関のための一般要件』に含まれています。製品のサンプルの試験、調査、検査、その他の評価が実施され、製品が該当する要件を満たしていることを証明する情報が収集されます。スキームの一環として、製品のマーキングに加えて、適合証明書が発行されます。証明書(および付随するドキュメント)は、司法管轄権を持つ当局に対して、エレベーターまたはエスカレーターのシステム、サブシステム、またはコンポーネントの設置およびメンテナンスのための要件および要件への適合のための関連機能に関する基本情報を提示することを意図しています。該当する要件をすべて満たしていることは、適合証明書が発行される前に、かつ当局によってこのスキームで使われる認証マークを適用することが認可される前に、証明する必要があります。このスキームで認定される製品へマークを適用する工場への訪問は、要件を満たしているというオリジナルの証明が依然として有効であることを確認するために定期的に実施され、製品および生産特性が検査されます。製品によっては、再試験のため、工場でサンプルが選択されることがあります。認定製品への変更が検討され、製品が依然として要件およびマーク適用の権限を満たしていることを証明するために、必要に応じて、追加の試験、調査、検査、その他の評価が実施されます。要件を満たしていないことを解決できなければ、マーク適用の権限は停止させられます。マークの使用は、自発的に停止することもあります。以下に示して、解説しているマーキングは、UL LLCが所有して管理し、製品がAECOスキームを使用して認証されたことを示すために使用されます。認証製品のディレクトリは、オンライン認証製品ディレクトリを通じて、オンラインでアクセスすることができます。マークを付けている製品のみ、認定されています。

 

AECOマークは、以下の要素で構成されます。

  • 円内のULのシンボル
  • CLASSIFIEDという単語
  • 「In Accordance with ASME A17.7 / CSA B44.7」という言い回し
  以下の要素を含む拡張マーキング

·         CERTIFIEDの単語を含む基本的な拡張マーク

·         SAFETY属性

·         属性がそれらの国々のみに適用される場合はSAFETY属性の真横に、そしてすべての属性がそれらの国々に適用される場合は属性リストの真下に配置される米国を示すUSおよびカナダを示すCAのISO国コード

·         「In Accordance with ASME A17.7 / CSA B44.7」という表現について

カナダ安全性スキーム

このスキームは、cULリスティングおよび認定プログラムのような歴史的なテキストでも参照されています。このスキームでは、有形の製品は、火災、感電、および損傷の危険に関連付けられる安全性要件に基づいて、認証されます。製品のサンプルの試験、調査、検査、その他の評価が実施され、製品が該当する要件を満たしていることを証明する情報が収集されます。該当する要件をすべて満たしていることは、当局によってこのスキームで使われる認証マークを適用することが認可される前に、証明する必要があります。このスキームで認定される製品へマークを適用する工場への訪問は、要件を満たしているというオリジナルの証明が依然として有効であることを確認するために定期的に実施され、製品および生産特性が検査されます。製品によっては、再試験のため、工場でサンプルが選択されることがあります。認定製品への変更が検討され、製品が依然として要件およびマーク適用の権限を満たしていることを証明するために、必要に応じて、追加の試験、調査、検査、その他の評価が実施されます。要件を満たしていないことを解決できなければ、マーク適用の権限は停止させられます。マークの使用は、自発的に停止することもあります。以下に示して、解説しているマーキングは、UL LLCが所有して管理し、製品がカナダの安全性スキームを使用して認証されたことを示すために使用されます。認証製品のディレクトリは、オンライン認証製品ディレクトリを通じて、オンラインでアクセスすることができます。マークを付けている製品のみ、認証されています。

  cULリスティングマークは、以下の4つの必須の要件で構成されます。

·      円記号内のULとカナダを示す、マークの左側の「c」の表示(製品が他の地域での使用に対して認証されている場合、マーキングの右側に該当する国コードも表示される)

·      LISTEDという表現

·      製品名または会社名/ファイル番号

·      発行/シリアル番号または英数字の管理番号

  認定コンポーネントマークは、「裏返ったUR」シンボルと、マークの左側のカナダを示す文字「c」で構成されます。これは、関連付けられた認証ドキュメントで説明しているように、コンポーネントの認証ステータスの他の識別方法が使われている場合、すべての認定コンポーネントに表示されるわけではありません。
  以下の要素すべてを含む拡張マーキング

·        CERTIFIEDの単語を含む基本的な拡張マーク

·        SAFETY属性(これらの特殊な用途に関連する認証で使用される要件を示す、MARINE、SECURITY、SIGNALINGなど、他の属性と並列に示されることもある)

·        属性がカナダのみに適用される場合はSAFETYの真横に、そしてすべての属性がカナダに適用される場合は属性リストの真下に配置されるカナダを示すCAのISO国コード

上記に加えて、他の属性およびISO国コードが表示されることがあります。それらは、カナダ安全性スキームに関係しない、他の認証に関連付けられます。

上記の拡張マーキングの近くに「In accordance with ASME A17.7 / CSA B44.7」と書かれたステートメントがある場合、このようなマークの付けられた製品は、カナダ安全性スキームではなく、AECOスキームを使用して認証されています。

サイバーセキュリティ保証プログラム(CAP)スキーム

このグローバルなスキームにおいて、UL LLCはクライアントと共同で、ソフトウェアの脆弱性および弱点の評価、既知のマルウェアへの対処、セキュリティ制御のレビュー、ならびに強化されるセキュリティアウェアネスに基づいて、ネットワーク接続が可能な製品およびシステムのリスクを管理します。UL 2900シリーズ規格の要件を満たしていることが確認された製品またはシステムには、契約合意書に基づいて1年間有効な証明書が発行されます。このスキームの下で使用することが許可されているULマークは存在しません。

追加情報については、 サイバーセキュリティ のWebページ、スキームの カタログ、および『 サイバーセキュリティの試験および認証のサービス条件』を参照してください。

厨房機器衛生スキーム

このスキームでは、衛生的な(清潔な)設計、構造、および性能の外食産業の設備を対象とした、NSFおよびUL規格に関連付けられる要件に基づいて、有形の製品が認証されます。これらは米国およびカナダの市場の技術的および法的要件と整合性が取れています。製品のサンプルの試験、調査、検査、その他の評価が実施され、製品が該当する要件を満たしていることを証明する情報が収集されます。該当する要件をすべて満たしていることは、当局によってこのスキームで使われる認証マークを適用することが認可される前に、証明する必要があります。このスキームで認定される製品へマークを適用する工場への訪問は、要件を満たしているというオリジナルの証明が依然として有効であることを確認するために定期的に実施され、製品および生産特性が検査されます。認定製品への変更が検討され、製品が依然として要件およびマーク適用の権限を満たしていることを証明するために、必要に応じて、追加の試験、調査、検査、その他の評価が実施されます。要件を満たしていないことを解決できなければ、マーク適用の権限は停止させられます。マークの使用は、自発的に停止することもあります。以下に示して、解説しているマーキングは、UL LLCが所有して管理し、製品が厨房機器衛生スキームを使用して認証されたことを示すために使用されます。認証製品のディレクトリは、オンライン認証製品ディレクトリを通じて、オンラインでアクセスすることができます。マークを付けている製品のみ、認定されています。

  以下の要素すべてを含む拡張マーキング

·      CERTIFIEDの単語を含む基本的な拡張マーク

·      SANITATION属性

·      ISO国コードはSANITATION属性に関連付けられていません

上記に加えて、他の属性およびISO国コードが表示されることがあります。それらは、厨房機器衛生スキームに関係しない、他の認証に関連付けられます。

IECEx認証機器スキーム

IECExシステムは、IECの適合性評価システムの1つです。IECEx認証機器スキームは、爆発性雰囲気の可能性がある場所(危険場所)で使用する機器の分野で加盟している認証機関間の試験報告書の相互受け入れのために国際電気標準会議(IEC)によって制定された広範囲にわたる国際的な取り決めです。このスキームには、機器設計の評価に加えて、製造者の品質システムが満たす必要のある要件に基づく調査活動も含まれます。

IECEx認証機器スキームは、製品の製造者および国際取引に従事するその他の利害関係者にメリットを提供します。以下の情報を提供してください。

–     効率的なグローバル市場アクセスのための製品試験をまとめて実施

–     IECExシステム加盟国における国家または地域認証へと繋がる、試験報告書のグローバルな受け入れ

–     IECExシステムにまだ加盟していない、多くの発展途上国における一方的な受け入れ

IECEx認証機器スキームは、世界中の30カ国以上の国々における製品認証機関の国際的なネットワークです。IECExのWebサイト、http://www.iecex.com/ には、IECExシステムおよびそのスキームに関する包括的な情報が提供されています。

各加盟国には、IECEx認証機関(ExCB)としてIECExに認められた組織が1つ以上あります。ULは最大で最も活動的なIECExシステムメンバーの一員として、さまざまな国で3つのExCBを運営しています。そして追加試験施設でサポートされる2つのIECEx試験所(ExTL)は、お客様にグローバルカバレッジを備えたローカルサービスを提供しています。

デンマーク、米国、ブラジルのUL ExCBは、すべての主要な地域に試験所を備え、関連する国またはグループごとに差異のある、広範囲にわたるIEC Ex規格に基づいてお客様の製品にアクセスすることができます。IECEx認証機器スキームにおいてULが対応している規格は、 IECExのWebサイトにリストされています。

IECEx認証機器スキームプロセス:

–     ULはお客様の製品について、すべての関与するIEC規格ならびにお客様の製品の市場化を希望している国で必要な国ごとの差異に基づいて試験します。

–     ULは関与する製品を生産している製造者の品質システムを評価します。

–     その後、ULは、加盟国における国家認証を取得するために使用できるIECEx適合証明書、IECEx試験報告書、および品質評価報告書を発行します。

–     さらに、それぞれの国で国家/地域認証のために国内のExCBまたはそれに相当する機関へ申請することが必要です。ただし、ULがこの作業をお客様の代理で行なうこともできます。ExCBsには製品のサンプルを要求する権利があること、あるいは製造者に対して追加データの作成を要求する権利があることに注意してください。ULから提供尾されるIECEx適合証明書、それに関連するIECEx試験報告書、ならびに品質評価報告書によって、追加試験の必要性が最小限になります。

–     国ごとの差異は、IECEX認証機器スキームがローカルの安全性懸念事項に対処するために各国での採用を認めている特別な要件です。ULはIECEx加盟国について最新の国ごとの差異を把握しているので、お客様の製品は目標としている国の最新の要件に基づいて評価されることになります。

–     詳細情報はIECExのWebサイト、http://www.iecex.com/をご覧ください。

 

ULにIECEx適合証明書を申請します。

UL.comのWebサイトからULカスタマーサービスに連絡をいただくと、プロセスが開始します。以下の情報をお知らせください。

–     イラスト、概略図、配線図、部品情報、銘板のコピー、およびその他の適切な製品の詳細など、お客様の製品の説明。

–     製品に責任を持つ会社の名前および住所、ならびに製造拠点のリスト。

お客様が製品の販売を予定している国についてもお知らせください。ULのエキスパートが、ターゲット市場に関連する国家認証の取得を支援します。詳細は、http://contact.ul.com/contact-ul-hazardous-locationsからお問い合わせください。

該当するIEC規格および選択した国の国/グループごとの差異に基づく製品の評価が完了すると、IECEx適合証明書、IECEx試験報告書、および品質評価報告書が発行されます。

申請プロセスの一環として、新しい顧客登録など、追加情報が必要になる場合があることに注意してください。

また、 IECExシステムサービスのサービス条件も参照してください。

PSEマークスキーム

このスキームは、日本の電気用品安全法(電安法)スキームとしても知られます。このスキームは、日本の政府機関である経済産業省(METI)によって規制されます。PSEマークは、日本の電気および電子安全マークであり、製品の代表的なサンプルが評価されて、電気用品安全法の要件を満たしていることが確認されたことを示しています。UL LLCは、METIによって、製品評価および工場検査を実施して、METIで承認された範囲内の製品に電気用品安全法適合証明書を発行する適合性評価機関(CAB)として登録されています。

電気用品安全法の下では、特定電気用品(SP)と特定以外の電気用品(NSP)に分類されます。SPには、METIの登録CABによる評価が必要です。NSPの場合、第三者による評価も選択することができます。

電気用品安全法適合証明書を取得するには、安全性/EMC評価および工場検査が必要になります。電気用品安全法適合証明書は、製品に応じて、3、5、または7年間有効です。METIの登録CABによる毎年の工場査察は不要ですが、METIは毎年市場調査を実施しており、工場には100%の製品について製品検査を実施することが義務付けられています。

label4

特定電気用品のためのPSEマーク

METIの 電気用品安全法(電安法)に関するWebサイトを参照してください。

電気用品安全法サービスのサービス条件』も参照してください。

米国安全性スキーム

このスキームは、ULリスティング、クラシフィケーション、およびレコグニションプログラムのような歴史的なテキストでも参照されています。このスキームでは、有形の製品は、火災、感電、および損傷の危険に関連付けられる安全性要件に基づいて、認証されます。製品のサンプルの試験、調査、検査、その他の評価が実施され、製品が該当する要件を満たしていることを証明する情報が収集されます。該当する要件をすべて満たしていることは、当局によってこのスキームで使われる認証マークを適用することが認可される前に、証明する必要があります。このスキームで認定される製品へマークを適用する工場への訪問は、要件を満たしているというオリジナルの証明が依然として有効であることを確認するために定期的に実施され、製品および生産特性が検査されます。製品によっては、再試験のため、工場でサンプルが選択されることがあります。認定製品への変更が検討され、製品が依然として要件およびマーク適用の権限を満たしていることを証明するために、必要に応じて、追加の試験、調査、検査、その他の評価が実施されます。要件を満たしていないことを解決できなければ、マーク適用の権限は停止させられます。マークの使用は、自発的に停止することもあります。以下に示して、解説しているマーキングは、UL LLCが所有して管理し、製品が米国の安全性スキームを使用して認証されたことを示すために使用されます。認証製品のディレクトリは、 オンライン認証製品ディレクトリを通じて、オンラインでアクセスすることができます。マークを付けている製品のみ、認証されています。

  ULリスティングマークは、以下の4つの必須の要件で構成されます。

·         円記号内のUL

·         LISTEDという単語

·         製品ID(名前または会社名/ファイル番号)

·         発行/シリアル番号または英数字の管理番号

  国コードがない場合(上の最初の例)、製品は米国の要件にのみ基づいて認証されていることを意味します。製品が米国に関連した要件および他の地域に関連した要件に基づいて認証されている場合、文字列「US」がマーキングの右側に表示されます。

上に示したように、これらの4つの例では、認証で使われる要件が特殊用途に関連付けられることを示すために、他の識別子も表示されることがあります。

·         海洋環境での使用に関連する要件を示すMARINEという単語

·         製品のセキュリティ機能の性能に関連する要件を示すSECURITYという単語

·         製品の信号機能の性能に関連する要件を示すSIGNALINGという単語

  ULクラシフィケーションマークは、以下の必須の要件で構成されます。

·      円記号内のUL

·      CLASSIFIEDという単語

·      製品ID(名前または会社名/ファイル番号)

·      認証について更に詳しく説明するステートメント
注記: ステートメントが「In Accordance with ASME A17.7 / CSA B44.7」の場合、このようなマークの付けられた製品は、米国の安全性スキームではなく、AECOスキームを使用して認証されています。

·      発行/シリアル番号または英数字の管理番号

  認定コンポーネントマークは、「裏返ったUR」シンボルで構成されます。これは、関連付けられた認証ドキュメントで説明しているように、コンポーネントの認証ステータスの他の識別方法が使われている場合、すべての認定コンポーネントに表示されるわけではありません。
  以下の要素すべてを含む拡張マーキング

·          CERTIFIEDの単語を含む基本的な拡張マーク

·          SAFETY属性(これらの特殊な用途に関連する認証で使用される要件を示す、MARINE、SECURITY、SIGNALINGなど、他の属性と並列に示されることもある)

·          属性が米国のみに適用される場合はSAFETYの真横に、そしてすべての属性が米国に適用される場合は属性リストの真下に配置される米国を示すUSのISO国コード

上記に加えて、他の属性およびISO国コードが表示されることがあります。それらは、米国安全性スキームに関係しない、他の認証に関連付けられます。

上記の拡張マーキングの近くに「In Accordance with ASME A17.7 / CSA B44.7」と書かれたステートメントがある場合、このようなマークの付けられた製品は、米国の安全性スキームではなく、AECOスキームを使用して認証されています。

以下の要素すべてを含む拡張マーキング

·          CERTIFIEDの単語を含む基本的な拡張マーク

·          SAFETY属性(これらの特殊な用途に関連する認証で使用される要件を示す、MARINE、SECURITY、SIGNALINGなど、他の属性と並列に示されることもある)

·          ISO国コードはなし

·          認証について更に詳しく説明するステートメント

上記の拡張マーキングの近くに「In Accordance with ASME A17.7 / CSA B44.7」と書かれたステートメントがある場合、このようなマークの付けられた製品は、米国の安全性スキームではなく、AECOスキームを使用して認証されています。

UL LLC

以下の情報は、ISO/IEC 17065の要件に基づく製品認証機関としてのUL LLCに関連付けられます。

UL LLCは、独自の裁量の下で、独立系NGOとして活動します。

UL LLCは、認証を依頼して提出される製品の製造者に課する手数料を財源として運営しています。手数料は、最初の評価プロセスと継続するメンテナンスを対象に課せられます。

認証プロセスを開始する前に発効させておくことが必要な、UL LLCおよび製造者に関連付けられる権利および責任は、さまざまな契約合意書で規定されます。追加情報は、提出プロセスに関するFAQのWebページから入手することができます。

提出された製品に関してUL LLCが行った解釈および判断に関する疑問に対処するために、申請者向けに正式なアピールプロセスが用意されています。アピールはカスタマーサービス、またはプロジェクトに関与したエンジニアと連絡を取ることから始まります。認証製品の安全性関連の問題点の報告については、製品インシデントレポートシステムを使うこともできます。

UL LLCは、複数の認証スキームを取り扱います。各スキームに関する一般的な情報および各スキームに関連付けられたマーキングの説明は、左側のリンクをクリックすれば表示することができます

給水スキーム

このスキームは、給水システムプログラムのような歴史的なテキストでも参照されています。このスキームでは、米国およびカナダの市場の技術的および法的要件と整合性の取れた、健康への影響と性能に関連付けられる要件に基づいて、有形の製品が認証されます。製品のサンプルの試験、調査、検査、その他の評価が実施され、製品が該当する要件を満たしていることを証明する情報が収集されます。該当する要件をすべて満たしていることは、当局によってこのスキームで使われる認証マークを適用することが認可される前に、証明する必要があります。このスキームで認定される製品へマークを適用する工場への訪問は、要件を満たしているというオリジナルの証明が依然として有効であることを確認するために定期的に実施され、製品および生産特性が検査されます。製品によっては、再試験のため、工場でサンプルが選択されることがあります。認定製品への変更が検討され、製品が依然として要件およびマーク適用の権限を満たしていることを証明するために、必要に応じて、追加の試験、調査、検査、その他の評価が実施されます。要件を満たしていないことを解決できなければ、マーク適用の権限は停止させられます。マークの使用は、自発的に停止することもあります。以下に示して、解説しているマーキングは、UL LLCが所有して管理し、製品が給水システムスキームを使用して認証されたことを示すために使用されます。認証製品のディレクトリは、オンライン認証製品ディレクトリを通じて、オンラインでアクセスすることができます。マークを付けている製品のみ、認定されています。

  ULクラシファイド水質マークは、以下の必須の要件で構成されます。

·          円記号内のUL

·          CLASSIFIEDという単語

·          WATER QUALITYという熟語

ULリステッド水道マーク

·          円記号内のUL

·          LISTEDという単語

·          PLUMBINGという単語

国コードがない場合(最初の例)、製品は米国の要件にのみ基づいて認証されていることを意味します。製品がカナダのみに関連した要件に基づいて認証されている場合、文字「C」がマーキングの左側に表示されます(2番目の例)。製品が米国およびカナダに関連した要件に基づいて認証されている場合、文字「C」がマーキングの左側に、文字列「US」がマーキングの右側に表示されます。

  以下の要素すべてを含む拡張マーキング

·          CERTIFIEDの単語を含む基本的な拡張マーク

·          HEALTH EFFECTS属性またはPERFORMANCE属性。PERFORMANCE属性を使用する場合、マーキングの近傍に水道性能規格への参照が表示される。

·          その属性がその国々に適用される場合はHEALTH EFFECTS属性またはPERFORMANCE属性の真横に、そしてすべての属性がその国々に適用される場合は属性リストの真下に配置される、米国を示すUS、カナダを示すCA、あるいは両方のISO国コード

上記に加えて、他の属性およびISO国コードが表示されることがあります。それらは給水システムスキームに関係しない、他の認証に関連付けられます。

食品安全管理システム

 食品安全管理システムについて続きを読む

適正製造規範(GMP)

 適正製造規範(GMP)について続きを読む

UL Registrar LLC

以下の情報は、ISO/IEC 17065の要件に基づくプロセスおよびサービス認証機関としてのUL Registrar LLCに関連付けられます。

UL Registrar LLCは、独自の裁量の下で、独立系NGOとして活動します。

UL Registrar LLCは認定認証機関として、利害の衝突を管理し、認証プロセスにおける客観性を保証するための確立されたポリシーおよび手順など、公平な管理システム認証アクティビティを実施することの重要性を理解しています。

UL Registrar LLCは、認証用に提出されるプロセスまたはサービスの製造者、梱包業者、および管理者に課する手数料を財源として運営しています。手数料は、最初の評価プロセスと継続するメンテナンスを対象に課せられます。

認証プロセスを開始する前に発効させておくことが必要な、UL Registrar LLCおよび製造者に関連付けられる権利および責任は、さまざまな契約合意書で規定されます。追加情報は、 UL Registrar LLCのWebページ または ULR Infoにアクセスすることによって入手することができます。

認証プロセスに関してUL Registrar LLCが行った解釈および判断に関する疑問に対処するために、申請者向けに正式な苦情申し立て、論争、および控訴のプロセスが用意されています。苦情申し立て、論争、および控訴は、 UL Registrar QAレポートリリースにいるUL RegistrarのQAチームに通告することで、開始することができます。

UL Registrar LLCは複数の認証スキームを運用します。各スキームに関する一般的な情報および各スキームに関連付けられたマーキングの説明は、左側のリンクをクリックすれば表示することができます。

エネルギー効率認証スキーム / ENERGY STAR

このスキームは、エネルギー効率認証プログラムのような歴史的なテキストでも参照されています。このスキームでは、米国およびカナダの市場の技術的および法的要件と整合性の取れたエネルギー効率の要件に基づいて、有形の製品が認証されます。製品のサンプルの試験、調査、検査、その他の評価が実施され、製品が該当する要件を満たしていることを証明する情報が収集されます。該当する要件をすべて満たしていることは、当局によってこのスキームで使われる認証マークを適用することが認可される前に、証明する必要があります。このスキームでは、要件を満たしているというオリジナルの証明が依然として有効であることを確認するために、何割かの認証製品が選択されて、試験されます。サンプルは、製品のカテゴリおよびプログラムに応じて、倉庫の在庫から調達されるか、生産ラインからピックアップされます。認定製品への変更が検討され、製品が依然として要件およびマーク適用の権限を満たしていることを証明するために、必要に応じて、追加の試験、調査、検査、その他の評価が実施されます。要件を満たしていないことを解決できなければ、マーク適用の権限は停止させられます。マークの使用は、自発的に停止することもあります。以下に示して、解説しているマーキングは、UL LLCが所有して管理し、製品がエネルギー効率認証スキームを使用して認証されたことを示すために使用されます。認証製品のディレクトリは、オンライン省エネ製品ディレクトリを通じて、オンラインでアクセスすることができます。

ULエネルギー効率認証マークは、以下の要素で構成されます。

·          ULリーフマーク

·          Energy Verifiedという熟語(他言語によるこの熟語の変形も含む)

マークの左下の文字「c」は、認証がカナダのエネルギー効率規制の遵守も含むことを意味します。

国コードがない場合(上の2番目の例)、製品は米国の要件にのみ基づいて認証されていることを意味します。

  以下の要素すべてを含む拡張マーキング

·          CERTIFIEDの単語を含む基本的な拡張マーク

·          SAFETYなど、他の属性の少なくとも1つに加えて、ENERGY属性

·          その属性がそれらの国々に適用される場合はENERGY属性の真横に、そしてすべての属性がそれらの国々に適用される場合は属性リストの真下に配置される、米国を示すUS、カナダを示すCA、あるいは両方のISO国コード

拡張マーキングを使用できるのは、製品が複数の属性に基づいて認証されている場合のみです(たとえば、エネルギーと安全性)。上記に加えて、他の属性およびISO国コードが表示されることがあります。それらは、エネルギー効率認証スキームに関係しない、他の認証に関連付けられます。

このスキームは、米国のEPA ENERGY STARスキーム(www.energystar.gov)を反映しており、UL Verifications Services Inc.がENERGY STARの認定認証機関です。ENERGY STARのロゴは、EPAが所有して管理しています。EPAとENERGY STARのパートナー間のアグリーメントを通じて、制御と適切な使用が実施されます。ENERGY STARスキームの場合、認証製品の製品データはENERGY STARのWebサイトから入手できます。

エネルギー検証サービススキーム

このスキームは、エネルギー検証サービスプログラムのような歴史的なテキストでも参照されています。このスキームでは、米国およびカナダの市場の技術的および法的要件と整合性の取れたエネルギー効率の要件に基づいて、有形の製品が認証されます。製品のサンプルの試験、調査、検査、その他の評価が実施され、製品が該当する要件を満たしていることを証明する情報が収集されます。該当する要件をすべて満たしていることは、当局によってこのスキームで使われる認証マークを適用することが認可される前に、証明する必要があります。このスキームで認定される製品へマークを適用する工場への訪問は、要件を満たしているというオリジナルの証明が依然として有効であることを確認するために定期的に実施され、製品および生産特性が検査されます。製品によっては、再試験のため、工場でサンプルが選択されることがあります。認定製品への変更が検討され、製品が依然として要件およびマーク適用の権限を満たしていることを証明するために、必要に応じて、追加の試験、調査、検査、その他の評価が実施されます。要件を満たしていないことを解決できなければ、マーク適用の権限は停止させられます。マークの使用は、自発的に停止することもあります。以下に示して、解説しているマーキングは、UL LLCが所有して管理し、製品がエネルギー検証サービススキームを使用して認証されたことを示すために使用されます。認証製品のディレクトリは、オンライン認証製品ディレクトリを通じて、オンラインでアクセスすることができます。マークを付けている製品のみ、認定されています。

ULエネルギーマークは、以下の要素で構成されます(ULリスティングマークと共に使われた場合)。

·          円記号内のUL

·          LISTEDという単語

·          ENERGYという単語

·          製品名または会社名/ファイル番号

·          発行/シリアル番号または英数字の管理番号

国コードがない場合(最初の例)、製品は米国の要件にのみ基づいて認証されていることを意味します。製品がカナダのみに関連した要件に基づいて認証されている場合、文字「C」がマーキングの左側に表示されます(2番目の例)。製品が米国およびカナダに関連した要件に基づいて認証されている場合、文字「C」がマーキングの左側に、文字列「US」がマーキングの右側に表示されます。

 

 

 

ULエネルギーマークは、UL認定コンポーネントマークと共に使われると、「裏返ったUR」になり、その上に単語「ENERGY」が横切ります。国コードがない場合(最初の例)、コンポーネントは米国の要件にのみ基づいて認証されていることを意味します。コンポーネントがカナダのみに関連した要件に基づいて認証されている場合、文字「C」がマーキングの左側に表示されます(2番目の例)。コンポーネントが米国およびカナダに関連した要件に基づいて認証されている場合、文字「C」がマーキングの左側に、文字列「US」がマーキングの右側に表示されます。これは、関連付けられた認証ドキュメントで説明しているように、コンポーネントの認証ステータスの他の識別方法が使われている場合、すべての認定コンポーネントに表示されるわけではありません。
代わりに、ULエネルギーマークには、適切なULリスティングマークまたはUL認定コンポーネントマークと、「ALSO ENERGY VERIFIED ____」というステートメントが含まれます。ここに、ブランクには、該当する規制または規格の名称、および規格または最新の補足が発行された日付が入ります。
  以下の要素すべてを含む拡張マーキング

·            CERTIFIEDの単語を含む基本的な拡張マーク

·            ENERGY属性

·            その属性がそれらの国々に適用される場合はENERGY属性の真横に、そしてすべての属性がそれらの国々に適用される場合は属性リストの真下に配置される、米国を示すUS、カナダを示すCA、あるいは両方のISO国コード

·            マーキングの近くの「EVS」の文字列

上記に加えて、他の属性およびISO国コードが表示されることがあります。それらは、エネルギー検証サービススキームに関係しない、他の認証に関連付けられます。

UL Verification Services Inc(I)

UL Verification Services Inc. エネルギー効率スキームを取り扱っている認証機関

以下の情報は、エネルギー効率認証スキームを取り扱うために、ISO/IEC 17065の要件に基づく製品認証機関としてのUL Verification Services Inc.に関連付けられます。

UL Verification Services Inc.は、独自の裁量の下で、独立系NGOとして活動します。

UL Verification Services Inc.は、認証を依頼して提出される製品の製造者に課する手数料を財源として運営しています。手数料は、最初の評価プロセスと継続するメンテナンスを対象に課せられます。

認証プロセスを開始する前に発効させておくことが必要な、UL Verification Services Inc.および製造者に関連付けられる権利および責任は、さまざまな契約合意書で規定されます。追加情報は、提出プロセスに関するFAQのWebページから入手することができます。

提出された製品に関してUL Verification Services Inc.が行った解釈および判断に関する疑問に対処するために、申請者向けに正式なアピールプロセスが用意されています。アピールはカスタマーサービス、またはプロジェクトに関与したエンジニアと連絡を取ることから始まります。認証製品の安全性関連の問題点の報告については、製品インシデントレポートシステムを使うこともできます。

UL Verification Services Inc.は、左側にリストしたスキームを運用します。スキームのリンクをクリックすれば、関連付けられたマーキングの説明など、各スキームに関する情報が表示されます。

UL Verification Services Inc(II)

UL Verification Services Inc. 以下の無線および通信認証スキームに取り組む認証機関

電気通信認証機関(TCB)プログラム

カナダ産業省外国認証機関(IC)プログラム

EU-CAB/認証機関(CAB)プログラム

シンガポール情報通信開発庁(IDA)認証機関プログラム

以下の情報は、以下のスキームを運用した場合、ISO/IEC 17065の要件に基づく製品認証機関としてのUL Verification Services Inc.に関連付けられます。

  • 電気通信認証機関(TCB)プログラム
  • カナダ産業省外国認証機関(IC)プログラム
  • EU-CAB/認証機関(CAB)プログラム

シンガポール情報通信開発庁(IDA)認証機関プログラム

UL Verification Services Inc.は、独自の裁量の下で、独立系NGOとして活動します。

UL Verification Services Inc.は、認証を依頼して提出される製品の製造者に課する手数料を財源として運営しています。手数料は、最初の評価プロセスと継続するメンテナンスを対象に課せられます。

認証プロセスを開始する前に発効させておくことが必要な、UL Verification Services Inc.および製造者に関連付けられる権利および責任は、さまざまな契約合意書で規定されます。追加情報はTCB提出のWebページから入手できます。

提出された製品に関してUL Verification Services Inc.が行った質問、解釈、および判断に関する疑問に対処するために、申請者向けに正式なアピールおよび苦情申し立てプロセスが用意されています。アピールまたは苦情は、TCB提出のWebページの左側にある[フィードバック]をクリックすることで、開始することができます。

グリーンボタンITCAファイル

 グリーンボタンITCAについて続きを読む

UL Verification Services Inc(III)

UL Verification Services Inc. グリーンボタンプログラムに取り組む認証機関

以下の情報は、グリーンボタンプログラムを運用した場合、ISO/IEC 17065の要件に基づく製品認証機関としてのUL Verification Services Inc.に関連付けられます。

UL Verification Services Inc.は、独自の裁量の下で、独立系NGOとして活動します。

UL Verification Services Inc.は、認証を依頼して提出される製品の製造者に課する手数料を財源として運営しています。手数料は、最初の評価プロセスと継続するメンテナンスを対象に課せられます。

認証プロセスを開始する前に発効させておくことが必要な、UL Verification Services Inc.および製造者に関連付けられる権利および責任は、さまざまな契約合意書で規定されます。追加情報は、提出プロセスに関するFAQのWebページから入手することができます。グリーンボタン認証の申請に関する追加情報は、GreenButtonのWebページから入手できます。

提出された製品に関してUL Verification Services Inc.が行った解釈および判断に関する疑問に対処するために、申請者向けに正式なアピールプロセスが用意されています。アピールはカスタマーサービス、またはプロジェクトに関与したエンジニアと連絡を取ることから始まります。

BIFMAレベル認証スキーム

 BIFMAレベル認証スキームについて続きを読む

GREENGUARD認証スキーム

 GREENGUARD認証プログラムについて続きを読む

UL Verification Services Inc. dba UL Environment

UL Verification Services Inc. dba UL Environment

以下の情報は、ISO/IEC 17065の要件に基づく製品認証機関としてのUL Verification Services Inc. dba UL Environment(以降は、UL Environmentと呼びます)に関連付けられます。

UL Environmentは、独自の裁量の下で、独立系NGOとして活動します。

UL Environmentは、認証を依頼して提出される製品の製造者に課する手数料を財源として運営しています。最初の評価プロセス、査察作業、およびライセンスに対して、料金が課せられます。

認証プロセスを開始する前に発効させておくことが必要な、UL Environmentおよび製造者に関連付けられる権利および責任は、さまざまな契約合意書で規定されます。

提出された製品に関してUL Environmentが行った解釈および判断に関する疑問に対処するために、申請者向けに正式なアピールプロセスが用意されています。アピールはカスタマーサービス、またはプロジェクトに関与したプロジェクトマネージャーと連絡を取ることから始まります。認証製品の問題点の報告については、製品インシデントレポートシステムを使うこともできます。アンケートを通じて受け取った苦情、またはUL Environmentの連絡窓口に直接送信されてきた苦情は、ログに記録され、48時間以内にフォローアップされます。

UL Environmentは、ISO/IEC 17065認証の範囲に含まれる2つの製品認証スキーム、およびISO/IEC 17065とのコンプライアンスの中で取り扱われるその他複数のスキームを取り扱います。各スキームに関する一般情報、および各スキームに関連付けられるマーキングの説明は、以下のリンクをクリックしますと参照することができます。

これらのスキームに基づいて認証される製品は、UL Environmentの『持続可能製品ガイド』に記載されます。

ULCマーク安全性スキーム

このスキームは、ULCマークプログラムのような歴史的なテキストでも参照されています。このスキームでは、火災、感電、および損傷の危険に関連付けられ、カナダの市場の技術的および法的要件と整合性の取れた安全性要件に基づいて、有形の製品が認証されます。製品のサンプルの試験、調査、検査、その他の評価が実施され、製品が該当する要件を満たしていることを証明する情報が収集されます。該当する要件をすべて満たしていることは、当局によってこのスキームで使われる認証マークを適用することが認可される前に、証明する必要があります。このスキームで認定される製品へマークを適用する工場への訪問は、要件を満たしているというオリジナルの証明が依然として有効であることを確認するために定期的に実施され、製品および生産特性が検査されます。製品によっては、再試験のため、工場でサンプルが選択されることがあります。認定製品への変更が検討され、製品が依然として要件およびマーク適用の権限を満たしていることを証明するために、必要に応じて、追加の試験、調査、検査、その他の評価が実施されます。要件を満たしていないことを解決できなければ、マーク適用の権限は停止させられます。マークの使用は、自発的に停止することもあります。以下に示して、解説しているマーキングは、Underwriters Laboratories of Canada, Inc.が所有して管理し、製品がULCマーク安全性スキームを使用して認証されたことを示すために使用されます。認証製品のディレクトリは、オンライン認証製品ディレクトリを通じて、オンラインでアクセスすることができます。マークを付けている製品のみ、認証されています。

 

Underwriters Laboratories of Canada Inc.

以下の情報は、ISO/IEC 17065の要件に基づく製品認証機関としてのUnderwriters Laboratories of Canada Inc.に関連付けられます。

Underwriters Laboratories of Canada Inc.は、独自の裁量の下で、独立系NGOとして活動します。

Underwriters Laboratories of Canada Inc.は、認証を依頼して提出される製品の製造者に課する手数料を財源として運営しています。手数料は、最初の評価プロセスと継続するメンテナンスを対象に課せられます。

認証プロセスを開始する前に発効させておくことが必要な、Underwriters Laboratories of Canada Inc.および製造者に関連付けられる権利および責任は、さまざまな契約合意書で規定されます。追加情報は、提出プロセスに関するFAQのWebページから入手することができます。

提出された製品に関してUnderwriters Laboratories of Canada Inc.が行った解釈および判断に関する疑問に対処するために、申請者向けに正式なアピールプロセスが用意されています。アピールはカスタマーサービス、またはプロジェクトに関与したエンジニアと連絡を取ることから始まります。認証製品の安全性関連の問題点の報告については、製品インシデントレポートシステムを使うこともできます。

Underwriters Laboratories of Canada Inc.は、1つの製品認証スキームを取り扱います。そのスキームに関する一般的な情報およびそのスキームに関連付けられたマーキングの説明は、左側のリンクをクリックすれば表示することができます