典型的な製品安全認証の製品評価プロセス

個々のプロジェクトは異なっても、製品安全認証のための典型的な製品評価プロセスにはお客様とULの双方にそれぞれ従うべきステップがあります。

自社製品の安全性認証評価の準備

いくつかの認証には、日本のSマークのように、生産現場における初期ロットの検査や、アルゼンチンのSマークのように、顧客が認証マークの付けられた製品の出荷を認可される前にローカルな試験所での再試験など、他の評価が必要になるものがあります。

自社製品の安全性認証評価の準備

  • 注記1: 通常、安全性試験やEMC試験が必要です。他の試験は、認証に応じて、必要になったり、ならなかったりします。
  • 注記2: 検査が必要なのは、特定の認証のみです。たとえば、CB認証では検査は必要ありません。検査を実施する場合、通常、CENELEC CIG検査手順が使われます。

カスタマーサービス

お見積り/申請依頼書