製品認証を最大限に活用する鍵は、特に、製品提出プロセスの初期段階で、お客様とULチームの間でオープンかつ頻繁なコミュニケーションを確立することです。

提出プロセスに疑問がある場合、カスタマーサービスに連絡してください。

また、オンラインフォームを使用して、今すぐ、提出プロセスを開始することもできます。

ULの試験サービスは、特定のタイプの製品を評価するセクションに分かれています。弊社のスタッフには、経験豊富なサポート担当者、エンジニア、テクニカルサポート担当者が含まれます。お客様のリクエストを処理し、製品の構造を検査し、試験を実施し、結果を評価し、製品のための安全規格を開発するのは、彼らの責任の一部です。また、弊社には製造者の施設を訪れる現場担当者もいます。彼らはULマークが付けられた製品が該当するULの安全性要件を満たし続けていることの確認を支援します。

製品は、通常、製造者または製品開発者、あるいは彼らから委任された代理人、代行者、またはライセンシーがULに提出します。製品をULに提出する際、製品に表示し、ULのオンライン認証ディレクトリに登録する会社名(製造者、代理人、またはライセンシー)を選択することができます。登録が済むと、該当するUL要件を満たし、かつULマークが付けられている限り、この名前を製品に表示する必要があります。

製品は、理想的には、開発の段階でできる限り早く提出する必要があります。しばしば、ULのエンジニアは、工作機械の整備や部品の購入の前でさえ、ULの要件を満たしていないところを見つけるために予備評価を実施することができます。予備評価は完全なULの調査の代替にはならないし、ULマークの使用を許可することにもなりませんが、このサービスはお客様の時間と費用を節約します。予備評価はULの施設またはお客様の製造場所で1~2日で完了します。

ULへ製品を提出するための最初のステップは、見積依頼書に記入することです。この書類は、見積を準備するのに必要な特定の情報をULに送付するためのガイドとなります。

お客様が見積依頼書を提出すると間もなく、ULの担当者がお客様に対してサービス見積書を送付します。通常、この見積にはプロジェクトの価格とULサービスの標準的な前提が含まれます。

お客様が見積を受け取ると、ULエンジニアはお客様に連絡を取って、お客様のニーズを確認し、お客様のプロジェクトのスコープについて話し合い、試験計画、サンプル要件、製造開始日など、他の重要事項をレビューします。

この時点で、守りたいデッドラインが具体的にある場合、ULに知らせていただければ、評価完了日の設定を行うことができます。ULが、お客様から署名された見積受領証、アグリーメント、必要な予備の頭金、ならびに必要な試験サンプルおよび技術情報を受け取ると、ULのエンジニアリングスタッフはお客様の製品の調査を開始することができます。

サンプルの出荷が必要な場合、サンプルの送出元となる国の出荷および輸出要件を確認してください。米国に送付するサンプルに関連して、米国税関国境警備局の追加情報を参照するには、こちらをクリックしてください。

製品の試験が完了すると、プロジェクトエンジニアは、製品がULの要件を満たしていたかどうかについて知らせます。要件を満たしていた製品については、プロジェクトエンジニアは試験結果に基づいて正式な報告書を作成します。これらの試験結果は、フォローアップサービスプログラムの作成でも使われ、フォローアップサービス手順の基盤としての役割も果たします。

フォローアップサービス手順書は、試験をして、ULの要件を満たしていることが確認できた製品について、構造を詳しく解説します。ULの現場担当者は工場内でUL認定製品の定期的な検査を行う場合、この手順書をガイドとして使用します。

お客様は、ULのエンジニアリングスタッフが製品の試験を行う前に、ULのフォローアップサービスプログラムに参加することに同意する必要があります。お客様はグローバルサービスアグリーメントまたは他の該当するローカルアグリーメントに署名して送り返すことにより、参加の意思を表明します。FUStartは、フォローアップサービスプロセスの新規参加者に対して、ULのフォローアップサービスプログラムとULラベルの取得方法を詳しく説明します。

何らかの理由でお客様の製品がULの要件を満たしていない場合、お客様はULから、お客様の製品が満たしていない要件を指摘するレターを受け取ります。お客様が製品の変更を選択して再試験を希望する場合、お客様はもともと製品試験を担当したULのプロジェクトエンジニアに連絡して、必要な再試験または再検査を依頼します。

試験結果、要件の解釈、またはULの判断について疑問がある場合、ULには、お客様とULとの関係を脅かすことなく、お客様の懸念事項をULの経営陣に共有させる手段である、抗議手続きが用意されています。詳細についてカスタマーサービスまたはエンジニアスタッフに伝えるだけで、この抗議手続きを開始することができます。

提出プロセスに疑問がある場合、カスタマーサービスに連絡してください。

また、オンラインフォームを使用して、今すぐ、提出プロセスを開始することもできます。