ULの委員会はその性質や目的に準じたメンバーで構成されており、関係当局、政府機関、消費者団体、各界のオピニオンリーダーなどが参加しています。各委員会のメンバーは、UL規格の開発や維持、UL認証製品の導入および使用、新製品や革新的な製品、マネジメントシステム、国際事業の調査、その他適合性評価関連の業務における高い専門知識をULに提供しています。現在は、電気、環境、公衆衛生、火災安全、セキュリティシステム、フォローアップサービス、消費者諮問、マネジメントシステム諮問、商業保険、環境という分野に対応した委員会が設置されています。